臨済宗妙心寺「大小山 慶雲寺」

静岡県静岡市清水区にあるお寺 臨済宗妙心寺派「大小山 慶雲寺」では永代供養も行っております

針供養、達磨忌、涅槃会などなら静岡にある臨済宗妙心寺派大小山慶雲寺へ
慶雲寺の永代供養

お知らせ

大小山 慶雲寺


そもそも当山の由緒は孤峰山福泉寺と號し、武田氏等の兵火にあい、伝記等不詳ながら、寺蹟に
ただ小堂と五輪の石碑のみ存していた。当時、当山東側近くは波打ち際であった。

たまたま、開山月桂禅師、一宿し諷経の後、緑端に定座し、伊豆の山岳と湾内風光を眺望すると、
堂前に大小二つの雲気が現れた。禅師は、是れ有縁の霊地なりと深く感じ、
遂に三宇(本堂・庫裡・書院)を建立し、此の因縁により大小山慶雲寺と改称した。
時に天文元年(西暦1532年)4月11日(室町時代)のことであった。

宝永の震災(宝永4年・1707年)に遭い堂宇全壊するが、再建。
天明・安政の震災でも、全壊・類焼に遭うが、嘉永3年(1850年)に山門、
慶応3年(1867年)本堂・庫裡、明治元年(1868年)に六地蔵堂を建立する。

明治22年(1889年)第15世祖栢老師は、寺内に門下生1000名を越える私塾を興し、大学、中庸、
論語、仏教学を教える。
明治31年(1898年)庚申堂を改築し観音菩薩を合祠。

その後、太平洋戦争により全焼。現在の本堂、庫裡は昭和47年(1972年)に建立。
当山は永らく『赤門の寺』として広く親しまれてきたが、これらは嘉永3年
(1850年)仁王像をまつり、朱色で塗られた山門の建立に由来する。

平成5年(1993年)、34年ぶりに山門及び仁王像を復元。当山は臨済宗妙心寺派で本尊は阿弥陀如来。


続きはこちらから
慶雲寺行事のご案内
  • 臨済宗妙心寺派
    大小山 慶雲寺

    院概要

〒424-0835
静岡県静岡市清水区上清水町5-28
TEL:054-352-7766
FAX:054-352-7780